医師自身による中医学 Herbal Medicine(漢方)とAcupuncture(鍼灸)

(診療科目)内科、心療内科、
 漢方内科、老年内科

お電話でのご相談、予約受付

お電話でのご相談、予約受付TEL.03-6273-2209

予約なしの当日のご来院も可能です。ご来院前に空き状況確認のお電話をお願い致します。

ページTOP

高齢者の循環器疾患

BNPと心不全について(注釈) 谷地繊

概要

補足
BNPで心不全をすべて語れるわけではありませんが、「心不全」と診断できるかの
大事な診断ツールではあります。

たこつぼ心筋症は、「Tacotsubo cardiomyopathy」という正式な医学的病名があります。
可逆的で予後はいいのですが、まれにショックや致死的になることもありえる疾患です。
女性に多いですが、高齢者に特有というわけではありません。

心筋梗塞後、心不全の治療としては、
1.安静にして体内のカテコラミン放出をおさえる
2.内服(β阻害薬、ACE阻害薬)等の薬剤で「心筋を休ませる=補強する」です。
15年前までは、ドブタミンやジキタリスなどの強心剤を使う治療が主流でβブロッカーは禁忌、の時代でした。
ちょうど私が研修医になった14年前にアーチストが心不全治療薬として日本で認可され、
それまでの方向と大きく流れが変わりました。
以来、弱った心臓はたたいて動かすのではなく、休ませて回復させる方向に進んでいます。

冠動脈疾患については、
PCI(カテーテル治療)は、急性閉塞(AMIや不安定狭心症)には有効ですが、
安定狭心症(中等度狭窄)に対するPCIは、狭心症状の改善はあるかもしれまえせんが、予後を改善はしません。
むしろ、リハビリや適切な内服治療(ACE阻害薬やβブロッカー、抗血小板薬、スタチン)がイベントリスクを低下させることがわかっています。

谷地

初診時現症

主な検査所見など

診断と鑑別診断

治療方針

治療経過の総括と解説

参考文献