お電話でのご相談、予約受付

お電話でのご相談、予約受付TEL.03-6273-2209

予約なしの当日のご来院も可能です。ご来院前に空き状況確認のお電話をお願い致します。

ページTOP

新宿漢方クリニックのご案内

新宿漢方クリニック新宿漢方クリニック

川並 汪一院長のごあいさつ 院長の基本姿勢、クリニックの運営方針、治療に関する基本理念

川並 汪一院長川並 汪一院長院長 川並 汪一

日本医科大学名誉教授
一般社団法人老人病研究会会長

新宿漢方クリニックの理念

「親切・安心・責任」 「日頃のお悩み相談家庭医」

漢方・鍼灸への院長の思い

驚きの歴史に手に汗がにじむ
 1)漢方・鍼灸は3000年前(伝統中医学TCM)に由来
 2)飛鳥・奈良時代から日本で唯一の臨床医学の本流
 3)明治政府が西洋医学だけを医学とし漢方・鍼灸を排斥
 4)鍼灸の有用性を世界の医学界は20年前に承認(NIH, WHO)
 5)本邦の大学医学部も漢方を必須科目、しかし鍼灸は民間療法

⇒当院の漢方・鍼灸は、
 * 西洋医学と同等に扱い、症状に応じては採用をためらわない
 * 特に認知症予防と治療、メンタル疾患と抗加齢の対策に重用
 院長は家庭医として、伝統中医学を採用しながら
 先端医療の届かぬ領域の補佐役に徹しています。

診療の流れ

1) バイタル・チェック ⇒ 西洋医学的チェックとカウンセリング+(東洋医学的視点)
2) 治療相談 ⇒ 健康保険適用の漢方エキス剤を第一に考慮
  自費診療 ⇒ 病状によって生薬・煎じ薬や鍼灸治療もお勧め
3) 未病対応⇒ 最新版食事療法(バークレイ)コンサルティングの実施(主任担当)
4) 健康食品・サプリメント(冬虫夏草、牛黄、田七ニンジン・鉄剤など)のアドバイス

院長が直接的に従事する関連事業

一般社団法人老人病研究会 ⇒ 年報41号PDF(百歳健康長寿号)


認知症Gold-QPD育成講座  ⇒ 第12回育成講座修了 (令和1年12月15日)


 認知症一般公開セミナー ⇒ 「百歳健寿時代の未病」 福生吉裕先生の講演修了


東西融合医療セミナー(WE-MEZ)講座:http://tcm-kampo.com/news.php


院長プロフィール(Docters File)

新宿漢方クリニックの概要新宿漢方クリニックの概要

新宿漢方クリニックの概要

名称
新宿漢方クリニック
院長
川並 汪一
所在地
東京都新宿区新宿1-29-8 公衛ビル3階
TEL・FAX
TEL.03-6273-2209 FAX.03-6273-2309
診療科目
内科、心療内科、漢方内科、老年内科、(鍼灸治療、慢性疾患の食事・栄養総合アドバイス)

診療時間 10:00 ~ 17:00

東西融合医療の予約診療制東西融合医療の予約診療制

お電話でのご相談、予約受付

電話番号03-6273-2209

予約なしの当日のご来院も可能です。その場合、ご来院前に空き状況確認のお電話をお願いいたします。

問診イメージイラスト

クリニックイメージ医師と医療スペシャリスト

  • 院長:川並 汪一(日本医科大学名誉教授)

    一般社団法人老人病研究会会長
    健康長寿・認知症Gold-QPD育成講座代表
    東西融合医療セミナー(WE-MEZ)講座代表

  • 主任:Koki Kawanami鍼灸師・健康食品・食事療法アドバイサー(英語でも対応)

    https://kawanami-shinkyu.com/

    明治国際医療大学(元明治鍼灸大学)卒
    AIMC修士課程卒、AIMC元講師 (Acupuncture & Integrated Medicine College)
    カリフォルニア州立大学バークレー校元講師

健康保険診療が可能です健康保険診療が可能です

当院では患者様のご要望、症状に応じて健康保険診療を行っております。
健康保険診療の場合:初診料と処方箋合計 1,050円(3割負担)(薬代は処方薬局でお支払いいただきます)が一般的です。

※保険診療とは別扱いの自費診療については、以下をご覧ください。(税別)

1. 煎じ薬の費用目安:
  初期コンサルティング 6,000円
  初期処方       2,000円、生薬代 800~1,200円/日
  再診料        2,000円
  再診処方       1,500円、生薬代はほぼ同レベルです。

2.鍼治療の費用
  三焦鍼法と追加刺鍼を加えて 計7,000円(約30分) 

*三焦鍼法は、認知症周辺症状の緩和ばかりでなく、若年層の自律神経失調症を中心とした脳内リセットや、
多くの老年症候群にしばしば適応されます。
http://gochojunet.com/をご覧ください。

院長イメージセカンドオピニオンについて

現在の治療に不安があるものの、セカンドオピニオンにいま一歩踏み出せない方へ

・セカンドオピニオンは、自身の意志で受けることができます。
・西洋薬を続けながら、東洋医学の治療ができる場合が多くあります。
・当院では西洋医学の治療を否定せず、本人の希望、経緯や症状から総合的に診断します。
・当院では、西洋の医師が診察し、個人の症状に合わせて漢方処方や鍼施術を提言します。

院長イメージメディア掲載情報

ドクターシーラボのメディカルコスメ会報誌で当院の院長の記事が掲載されました。

「新報道2001」2015年1月18日(日)2015年6月28日(日)でテレビに取りあげられました。

※東西融合・代替医療について取材協力を行います。お気軽に当クリニックまでご連絡ください。

Copyright© 2018 新宿漢方クリニック All right Reserved.