医師自身による中医学 Herbal Medicine(漢方)とAcupuncture(鍼灸)

(診療科目)内科、心療内科、
 漢方内科、老年内科

お電話でのご相談、予約受付

お電話でのご相談、予約受付TEL.03-6273-2209

予約なしの当日のご来院も可能です。ご来院前に空き状況確認のお電話をお願い致します。

ページTOP

耳鼻咽喉科

71歳女性、耳管開放症 (日本医科大学付属病院 耳鼻咽喉科 大久保公裕 関根久遠)

概要

症例:
2,3か月前からの耳閉感を訴え当科受診。耳閉感は一日中感じているわけではなく、朝起きてしばらくしたころに強い。耳閉感出現時には自分の声が響く感じがある。両側の時もあるが左側で多い。幼少時に中耳炎をやったことがある。
半年前に胃癌の手術を受け、その後7kg体重減少、さらにC型肝炎の治療を行い8kg、半年間で合計15kg体重減少した。

初診時現症

鼓膜所見正常(幼少期の中耳炎の影響は認めない)
耳閉感は1日中持続しているわけではなく、朝起きてしばらくしたころに生じることが多く、症状はふと出たりいつの間にか治っていたりする。臥位では自覚したことは無い。耳閉感出現時には自分の声が響いてしゃべりづらい。
周囲の音はやや膜がかかったような感じで聞こえるが、聞こえが悪いという感じではない。

主な検査所見など

【検査所見】
標準純音聴力検査:左右対称性で、高音域に軽度の感音難聴を認める。
ティンパノグラム:両側A型
咽頭ファイバースコープ:耳管周囲に明らかな腫瘤を認めない。
左耳管咽頭口を生食を浸した綿棒で閉鎖すると耳閉感消失。
耳管機能の病態検査としては耳管機能検査がある。耳管機能検査を行う事により、開放症、狭窄症などを確定診断することができる。

診断と鑑別診断

耳管開放症
耳閉感を感じているが、難聴は加齢性と思われる高音域の難聴のみで、鼓膜所見も正常であり、感音難聴や中耳炎は否定的である。臥位での症状消失や自声強調の症状、耳管機能検査は未施行だが、耳管咽頭口閉鎖で症状改善する点からも耳管開放症と診断される。耳閉感は低音部の難聴で出現することが多い。低音部の感音難聴を認めれば低音障害型感音難聴、さらにめまいを伴う場合はメニエール病も疑われる。低音部の伝音難聴を認め、ティンパノグラムB,C型、耳鏡所見で鼓室内の浸出液貯留を認めれば、滲出性中耳炎と診断される。

治療方針

まず、患者に病態を説明し症状の起こる理由を説明する。また、体調の回復と共に自然治癒することも多い事を伝える。さらに本症例は比較的軽症で、常時自覚しているわけではないので、発症時の対処法を説明し発症時の対処法としては頭を下げる、臥位で休むなどの方法もあることを説明する。生理食塩水を点鼻し一時的に耳管咽頭口を閉塞する方法も有効である。薬物療法としては補中益気湯、加味帰脾湯漢方薬が使用されるが、希望なく処方しなかった。

治療経過の総括と解説

本症例では積極的加療の希望は無く、経過観察としたが、上記のような治療で改善なく一日中症状が持続しつらい場合は耳管咽頭口に薬剤を塗り炎症を起こさせ閉塞する耳管咽頭口処置や、鼓膜上に紙テープなどを貼付し鼓膜の異常振動を防ぐ鼓膜貼付療法などが行われる。専門施設では重症例に耳管ピン挿入等の治療もおこなわれる。

高齢者の耳閉感としては、滲出性中耳炎が良く知られている。上気道炎を契機として発症することが多いが、特に誘因が無いものや、上咽頭癌に起因するものもあるので注意を要する。ティンパノグラム異常所見や聴力検査で伝音難聴を認め、鼓膜所見で診断できる。異常所見がない場合、浸出液貯留の無い耳管狭窄症や、耳管開放症の可能性があり、詳細な問診や耳管機能検査が必要になる。
耳管開放症は、診断をつけることが最も重要である。患者は原因が分からず不安になっており、軽症の場合は病態を理解し安心するだけであまり気にならなくなることも多い。また、過労、ストレス、不眠の改善が重要であり、体調の回復と共に自然治癒することも多い事を伝える。軽症例では体位変換や生食点鼻、内服加療等を行い、症状持続例では、耳管咽頭口処置や鼓膜貼付療法などを行う。

参考文献