医師自身による中医学 Herbal Medicine(漢方)とAcupuncture(鍼灸)

(診療科目)内科、心療内科、
 漢方内科、老年内科

お電話でのご相談、予約受付

お電話でのご相談、予約受付TEL.03-6273-2209

予約なしの当日のご来院も可能です。ご来院前に空き状況確認のお電話をお願い致します。

ページTOP

「西洋と東洋と渡世エッセイ」開設に当たり

このたび当社団は、「最新の先端医療と従来の伝統医療」それぞれの持つ深みを、「エッセイ風」に対比し、あえて「はっけよい」「残った」の紙上勝負をさせてみます。

一般社団法人老人病研究会 会長 川並 汪一

東西医療東西医療

軍配韓 景献先生よりメッセージ

はじめに

天津中医薬大学教授 付属第一医院元院長
一般社団法人老病研究会顧問 韓 景献

社会の進歩と共に人類の寿命が明らかに長くなり、疾病の種類にも大きな変化が生じつつあります。認知症、パーキンソ病、がんなどの慢性病は、老年症候群も含め治りにくい病気であり医学上の重大課題となりました。これらの病気の原因は不明なことが多く、詳細なメカニズム分からず根本的な治療方法もありません。

世界には、西洋医学を中心する現代医学と中国医学を中心とする伝統医学があります。それぞれ観察する立場が違うこともあり、それぞれの臨床には長点と短点があります。西洋医学は病状を基本とし、中医学は証を基本として病気を認識します。

西洋医学は人体の解剖、組織・生理・生物化学に基づいて、細かく局部の変化を強調します。一方 、中医学は自然哲学の陰陽五行の規律の中で、人体の生理機能を解釈し整体統一観念を重要視します。

西洋医学は現代科学にそって発展してきましたが、中医学は中国5,000年の経験医学に基づく歴史を持ちます。両者は長い臨床でのエビデンスにより有効性が証明されてきました。西洋医学はどちらかと云えば急性の病気によく応用され、中医学は慢性の病気に効果を発揮します。ですから中西医結合(中医学と西洋医学の融合)はベストの選択となります。

臨床において慢性疾患や難病で西洋医学の治療法がない場合、中医学が素晴らし解決法であることを知るに至りました。これは中医学と西洋医学の考え方の違いに基づきます。国境がない医学界において中医学は一つの宝物といえます。引き続しっかり伝承し、更なる研究をしなければならないと考えています。

川並汪一教授は鋭い感覚で現代医学と伝統のよさを理解されておられます。 認知症治療に有効な三焦鍼法を2009年に日本に取り入れ世界で初めて認知症Gold-QPD育成講座を開講しました。全国ですでに170名ほどの鍼灸師と医師を育てました。彼らはこの鍼法で認知症の周辺症状の治療に素晴らしい結果を出しております。これは中西医結合のすばらしさを十分に証明されたことになります。

老年症候群を中心とした東西融合医療のまとめは中西医結合のハイラトになります。 高齢者疾患群の臨床診断と治療において必ず大きな貢献をするものと信じます。

軍配東洋医学と西洋医学はサッカーとハンドボールの関係

サッカーのゴール

ゴールポストにゴールを入れるサッカーとハンドボールは、それぞれ独自の努力により固有のファンを獲得しています。これらの球技でのボールのポスト・インを病気治癒に例え、それぞれの球技を西洋医学と東洋医学に対比して見ると面白い。サッカーはそのルールにより、手を使うことはできません。サッカー側からハンドボールの試合を見ると、開始のホイッスルと同時に反則行為が始まり、ボールのパスは禁じ手の連続技となってしまいます。逆にハンドボール側から見れば、サッカーは正に反則だらけのゲーム展開となります。独自世界のルールを尊重して相手ゲームを理解するには、それなりの忍耐と寛容の心掛が必要となります。西洋医学と東洋医学は、その原則論の違いから単純な比較はできません。しかし、もし一人の患者が東西の両医療を利用できるとすると、病気克服のボールのポスト・インの可能性は倍増し、より早い得点すなわち病気の治癒に結びつくといえます。

軍配行司による軍配は東か西か

行司

大相撲の桟敷席からの見物とくに砂被りでは、力士が落ちてくるので危険な興奮を呼びます。この記事は土俵上の行司の位置で「渡世エッセイ」を使い、自由な裁きをしてみます。土俵上に求めるのは力士の勝負のみですが、西方が勝つこともあれば負けることもありましょう。この連載がどのような経過を辿るかはお楽しみです。それではまず 、呼び出しと行司(渡世エッセイ)による横綱の土俵入りとなります。

相撲

東西両医学は背景となる見方・考え方が全く異なります。たとえば東洋医学の気・血・水という概念は西洋医学にはありません。東洋医学の五臓(肝、腎 、肺、脾、心 )は、西洋医学でいう肝臓、腎臓、肺臓、脾臓とは大いに異なります。江戸末期の蘭学者が、伝統医学の臓腑名をそのまま解剖臓器に当てはめたことが混乱の事始です。西洋医学だけを習い親しんできた私どもは、伝統医学の解釈に少なからぬ違和感を覚えるのはそのためで、ときにその非科学性に嘲笑さえも隠しきれないのです。東西医療は独自の歴史を持っています。黄帝内経・神農本草経ギリシャ・ローマ医学は、ほぼ同じ紀元前2世紀頃までに 、まとめ上げられました。その後、両者は交流の無いまま独自に発展し現代に至っています。ですから互いの長短を深く認識することができません。